かめのように、ゆっくりと。

自由に生きたい20代女子の雑記ブログ。

先に生まれたぼくは。

 

 

おはようございます。

 

わけあんです。

f:id:kame_mypace:20180622211419j:plain

(かめー)

 

 

『あ、ブログ書こう』

 

って思えたので、パソコンを開いて書いております。

わたしには、これくらいのスタンスで書くのがちょうどいいみたい。

 

 

先輩という存在

 

皆さんは、『先輩』ってどういうイメージがあるでしょう?

これって本当に人それぞれだと思うんです。

 

すごくいい先輩に巡り合えた人は、いいイメージだし

最悪な先輩にしかあったことない人は、悪いイメージだろうし。

 

まぁいろんな人がいるとは思うんですが、

日本では結構この『先輩』と関わる場面って多いと思うんですよね。

 

 

いい先輩って?

 

わたしが思ういい先輩って

・わからないことがあったら手を差し伸べてくれる

・後輩のことを信じてくれている

・後輩のことを想ってくれている

・押し付けない←

・偉そうじゃない←

・教え方がうまい←

 

まぁ、こんな感じ?笑

 

みなさんはどうでしょうか?

 

 

どういう先輩でありたいか?

 

『先輩』つまり「先に生まれた者たち」

後輩の可能性を広げる手伝いをすべきだと思うんです。

 

自分の価値観で縛り付けたり頭ごなしに叱ったり

ダメな奴だって否定したりミスを押し付けたりすべきではないと思います。

 

ただ、一方で、人を育てる、面倒を見るということはすごく大変で

それこそ面倒だったり、責任のあることというのは間違いないです。

 

でも、わたしはやっぱり、自分より後に生まれてきた人たちには夢を見てほしい。やりたいことをやってほしい。やりたいことをやってもいいんだって思ってほしい。未来に希望をもって生きてほしい。

そのための手伝いをしたり、わからないところがあったら手助けをしてあげたり、一緒に「いいね!やろうよ」「やってみたらいいよ」って後押しをしてあげたい。

 

必要なことは、

 

「アドバイス」「共感」「肯定」「安心」

 

そういうものなんじゃないかなぁって思います。

(これわたしもほしい←)

 

 

うーん。

なんかぐちゃぐちゃした文になったな(笑)

 

またもう少しわかりやすくまとめられそうだったら

編集します(笑)

 

 

では、

皆さん、今日も良い一日を。

f:id:kame_mypace:20180626220508j:plain