かめのように、ゆっくりと。

自由に生きたい20代女子の雑記ブログ。

【自己開示】自己分析その①

 

わたしは、自分をすごい人だと思っている。

 

頭も良い方だし、人当たりもいいし、

理解力もまぁまぁあるし、

適応能力も高い。

仕事もすぐ覚えるし、細かいところにも目が届くし。

 

すごい人だと思っている。

デキるやつだと思っている。

 

だから、プライドも、高い。

 

『すごい』と思ってほしい。

すごいって褒めて欲しい。

さすがって認めて欲しい。

 

 

わたしが一番でありたい。

完璧でありたい。

あの人より、上手く出来ていたい。

わたしの方がすごいって思われたい。

 

 

どうしたら一番になれる?

わたしには何が足りない?

どう努力したらいい?

どうしたら認められる?

 

 

一番じゃないと、認めてもらえてない気がする。

完璧でいれば、みんなに認められると思っている。

 

…でも、

 

完璧じゃない。

出来ない。

失敗をする。

ミスをする。

 

完璧でいたいのに、いれない。

 

 

だから、そんな自分が嫌い、

 

こんなの自分じゃない。

嫌だ。きらい。

 

わたしの中で、

完璧じゃないってことは『ダメ』ってことだ。

 

何が悪い?

なにが足りない?

 

完璧でいれないのは、努力が足りないからだ。

お前が甘えているからだ。

怠けているからだ。

 

だから体罰をする。

叩く。切る。絶食をする。睡眠を奪う。

 

完璧になれない自分なんて、

消えちまえばいい。

 

 

ずっとそう生きていました。

 

間違っていると思います。

 

正せている部分もあります。

でも、まだ受け入れきれていない部分もあります。

 

わたしの、歪んだ思考、固定観念

今までは絡まった糸のようだったのが

すっと解けた気がしました。

 

 

だから私は、自分を認められなかったんだなと。

自分を受け入れられない。

認められない。

 

でも、受け入れないと、先に進めない。

 

まずは、

わたしは、プライドが高くて、ナルシストで、自己中だということを認めないと。

 

どうやったら受け入れられるだろうか。

 

 

まぁ、まずはここまで。